前へ
次へ

西洋医学の医療は病気を作るのか

西洋医学は、私たちの身近にあるものです。例えば、風邪をひいて病院に行き、診察を受けて薬をもらう行為自体は、西洋医学と言えるでしょう。このような医療機関が中心になって私たちの身の回りの手助けをしているわけです。しかし、医療機関といえども必ずしも人間の身体に良いとは限らないことを理解しなければいけません。西洋医学は、病気になってから薬を出すことで問題を解決しようとします。あくまで薬の力で解決するのであり、人間の自然治癒力を高めるものではありません。逆に、東洋医学は病気になってから治すのではなく、病気にならないような身体作りをしていくことを考えています。そのため、基本的に薬が出るわけではありません。確かに漢方薬はありますが、漢方薬は自然の成分が利用されており、身体に負担が少ないものとなっています。一方で西洋医学から発達した薬は、身体に良くないものが含まれている可能性があるため、可能な限り飲まない方が良いでしょう。

Page Top